相続不動産事業

一族が争う「争族」の回避 土地などの不動産では分割が困難な場合も多く、分割しないまま特定の相続人に相続させると、他の相続人との間で不公平感が生じてしまいます。そのためどうしても「共有」という方向に流れがちです。共有とは、不動産であれば1筆の土地、1棟の建物を複数人で所有することです。共有であれば、売却して現金化する手間はかからないし、また土地や建物のままでそれぞれの相続人が持ち分に応じて 所有している状態とりなり、相続人どうしの間で不公平感も生じません。

しかし、例えば共有者である兄弟が亡くなった場合、権利はそれぞれの相続人に引き継がれ、
それぞれの相続人が何人もいると、共有者はますます増加します。これが世代交代ごとに繰り返されると、共有者間の関係はどんどん薄くなり、やがて、共有者同士が「顔もみたことがない」関係となり、お互いが自分勝手なことを要求するようになります。

子ども達が苦しむことを避けるためには、ご自身の世代ではっきりとさせておくことが望ましく、特段の理由がない限りは、安易な共有による不動産の相続は避けるべきです。

一族が争う「争族」の回避
土地などの不動産を相続したものの「自宅との距離が離れている」「建物が老朽化しているなどから管理が難しい」ケースや、 即時に「現金化したい」ケースなど相続した不動産を売却する理由は様々です。 港コンサルティングでは実績と信頼をもとに、お客様が相続した大切な土地などを含むすべての不動産を 大切に取り扱いさせて頂いております。

  • 相続手続きの流れ
  • 相続手続きの流れイメージ図1
  • 相続手続きの流れイメージ図2
  • 相続手続きの流れイメージ図3
  • 相続手続きの流れイメージ図4
  • 物件お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 相談無料
ページトップへ